ティアック StorNext

ティアックはStorNextの販売、サポートを行っています。

TEL.042-356-9164

〒206-8530 東京都多摩市落合1-47

サービス関連

ティアックで購入するメリットは?

実績

ティアックではStorNextの前身のプロダクトAMASS(ADIC社が販売)時代からおよそ15年以上(2016年現在)このビジネスを継続してきました。その間、お客様、ADICおよびQuantum(ADIC社をQuantumが買収しました)と多くのファイルシステムを構築、保守してきた実績があります。 

体制

ティアックではこのビジネスのため専任チーム、専用ラボを用意して対応しています。 

スタンス

お客様にご満足して利用いただくには、製品の適切な設計、導入作業、運用上のアドバイスが重要だと考えております。  弊社では経験豊かな専任担当者が責任持って対応をさせていただきます。  もちろんQuantum社ではワールドワイドでサポート体制を持っておりますが、弊社では日本のお客様に向けたきめ細かな対応をさせて頂きます。 私たちはお客様と直接 相対して主体的に問題を解決するべく努力しております。

24時間365日のサポートをしてくれますか?

ティアックの対応は基本的には平日9時から17時までのサポートです。 どうしても24時間365日のサポートが必要な場合、個別にご相談ください。 

Xcellis(StorNext5)ではフェールオーバーアップグレードに対応しているため、アップグレード時もダウンタイムは最小になるとされています。ただしバージョンによってはRAIDファームウェアの更新を含むます。この場合、ダウンタイムが数時間発生します。

私どもは従来、StorNextファイルシステムはノンストップで数年間を連続稼働させるシステムには向いていないと認識しており、1年間に1日程度はメンテナンス時間を確保いただきたくお願いしておりました(下記理由)。 

  1. 特定バージョンに対するメーカーサポートは一定期間(数年)を経過すると切れます。したがって、サポートを受ける場合、アップグレードが必須になりますが、その場合、システムを停止する必要があります。
  2. ファイルシステムのメンテナンス作業として、ハード障害に起因するファイルシステム破壊やフラグメントの発生があり得ます。この場合、ファイルシステムを停止してのメンテナンス作業が必要となります(運用停止となります)。

 上記はXcellisでは解消されていると言えます。ハードウェアは販売終了から5年サポート、フラグメントについてはほぼ発生しません。

保守契約をしないと問題ありますか?

Xcellisでは購入時1年間の保証がつきます(平日日中保守)。2年目以降の保守契約は任意なので保守無しでご利用いただくことは可能です。 ただし保守が切れた後で、再度保守に入る場合は保守切れ期間の保守料金+追加チャージが必要です。詳細はお問い合わせください。またハードウェアに純正以外の部品の使用や任意の変更(ハード、ソフト、構成)を行った場合保守対象外となります。

StorNextソフトウェア版(新規販売はありません)  購入時には1年間の保守契約がついています。保守契約無しでの販売はできません。 ただ1年を経過して保守契約が切れて、保守を継続しない場合でもStorNextは継続してご利用できます。 ただしサポートを受けること、およびバージョンアップはできません。 StorNextのバグ修正は基本的に新しいバージョンで行われます(パッチは提供されません)点もご注意ください。  保守が一旦切れた後で、保守契約を結びなおす場合は、追加保守料金プラス追加チャージが必要となります。ご使用中のシステムでは保守切れ前に保守契約更新することをお勧めします。