ティアック StorNext

ティアックはStorNextの販売、サポートを行っています。

TEL.042-356-9164

〒206-8530 東京都多摩市落合1-47

StorNext AELアーカイブ 概要説明

StorNext AELアーカイブ 概要説明

StorNext AELアーカイブはテープライブラリとStorNextライセンスのセットです。下記画面では左がScalar i6000で右がScalar i500です。 データを長期保管する場合はこのようなテープライブラリの利用もご検討ください。

AEL2

i6000は最大で約75PBまで拡張可能です(2013/2に1ラックで75PB以上の容量を実現する最上位機種Scalar i6000 HDが発表されました)。 i500は最大2.6PBまで拡張可能です(圧縮率2.5:1の時)。 容量は必要に応じて拡張することが可能です。 また最新のLTO Ultrium 6 メディア・カートリッジ使用時は最大6.25TBの容量と圧縮時400MB/sec、非圧縮時160MB/secの転送速度を実現します。

EDLM(Extended Data Lifecycle Management)を搭載しており、ライブラリがすべてのテープを定期的にスキャン、巻き戻しを行います(テープを長期保存する場合は時々行う操作です)。もしテープに問題が見られるようであればALERTを出して自動的に別テープにコピーします。

vault機能によりテープを外出しすることでより多くのメディアを利用できます。新しいActive Vault機能を使用すると、オペレータが手動でテープを外に出すことなく、自動的にvaultテープはvaultパーティションにシームレスに移動します。

StorNextとAELアーカイブを組み合わせて使用することでファイルは自動的にアーカイブに保存され、長期保存にあたっては自動的にチェックされます。このようにバックグラウンドで自動的にデータ整合性をチェックするのはALEアーカイブスのみです。

 

 

« »