ティアック StorNext

ティアックはStorNextの販売、サポートを行っています。

TEL.042-356-9164

〒206-8530 東京都多摩市落合1-47

StorNextアプライアンス保守契約

StorNextアプライアンス保守契約

※24×365対応が必要な場合は個別にお問い合わせください。

お客様は保守契約により障害対応、技術支援およびバージョンアップ権利を得ることができます。

1.障害対応の概要

  1.  StorNextアプライアンスの障害(ハード、ソフト)に対する問題解決
    平日日中でのサポート対応、技術支援。 可能な場合はリモート対応。
    ハードウェアのパーツ交換が必要な場合は翌営業日での送付、交換作業。
  2.   弊社サポートエンジニアにより一次受付の後、必要に応じてQuantum社による対応を実施します。

●以下の事項についてはStorNextアプライアンス保守対象外となります。

  1.  設備、環境の不備、異常に起因する障害
  2. 天災、火災、その他不足の事態に起因する障害
  3. 人為的ミスに起因する障害
  4. 不適切なシステム構成での使用中の障害
    StorNextアプライアンスの構成をメーカ想定を超えて変更した場合やメーカ指定の動作環境を逸脱して稼働した場合が該当します。また弊社による導入後、不適切な変更や操作がなされた場合も該当します。

●以下の事項はStorNextアプライアンス保守対象外ですが、別料金で申し受けます。

  1. パフォーマンスチューニング
  2. アップグレード作業・構成変更作業
  3. 定期保守作業

●特記事項

  1. ファームウエアのバグ修正はバージョンアップによる対応となります。
  2. StorNextアプライアンスのアップグレード時や保守のため、PC接続が必要になります。これはStorNextアプライアンス本体とサービスポート経由でネットワーク接続します。もしPCの持ち込みが許可されない場合はマシンルームに保守用のノートPCを1台とイーサネットケーブルを常時設置願います。 必要なOSはWindows7でTeraTerm等の端末ソフトウェアおよびscpソフトウェアが必要です。

2.バージョンアップ権利について

保守契約をいただいているお客様はStorNextアプライアンス・ファームウェアのバージョンアップの権利を有します。 継続的な安定稼働のため適宜、最新版へのバージョンアップをご検討お願いいたします。

3.保守シーケンス

サポート対応にあたり、最初の段階で、問題点の調査のための資料(電子ファイル)を送付ください。
問題の認識と報告、資料の採取、送付についてはシステム運用者側にて対応頂きたくお願いします。
サポート形態として以下の2タイプがあります。

(1)資料送付型  通常のサポート形態で、下記の流れで進みます。

  1. 障害発生
  2. サポートコール
  3. 資料の採取と送付
  4. ログ調査   これ以降がサポートの役割となります。
  5. 問題点のハード/ソフトの切り分け
    ハード障害の場合:オンサイト手配、オンサイト対応
    ソフトウェア障害の場合:原因、対応策の調査、対応

(2)リモートアクセス型   サイト側で保守用接続をご用意いただける場合です。

  1. 障害発生
  2. サポートコール
  3. リモートアクセス   資料の採取と送付
  4. 問題点のハード/ソフトの切り分け   これ以降がサポートの役割となります。
    ハード障害の場合:オンサイト手配、オンサイト対応
    ソフトウェア障害の場合:原因、対応策の調査、対応

4.保守依頼の方法

電話/E-mailにて受付いたします。
メール:E-mail:issup@teac.co.jp   電話番号:契約後、別途ご提示いたします。

5.その他の注意点

  1. 保守契約の期間は1年単位となります。
  2. 保守契約期間が切れた状態で、再度更新する場合は、切れた時点に遡って保守を締結していただくことになりますので、ご注意願います。また、この場合は割増料金が上乗せになりますので、この点もご注意願います。

« »