ティアック StorNext

ティアックはStorNextの販売、サポートを行っています。

TEL.042-356-9164

〒206-8530 東京都多摩市落合1-47

08. 動的拡張

08. 動的拡張

StorNextファイルシステムは柔軟に拡張できます。具体的にはデータを保持したままディスクを増設してファイルシステムのサイズを拡大できます。 これにより(NASシステムの宣伝に使われるフレーズですが)初期投資を抑えて小さく始めて、後から大きく育てることができます。

StorNextファイルシステムは論理的に複数のストライプグループから構成されます。1つのストライプグループには1個以上のディスクが定義されています。

fig08-01

上の図でSGはStripeGroupの略称です。元々のStorNextが3つのストライプグループから構成されています。これにディスクを追加してデータ容量を増やすことができます。この時、拡張後はたとえば図のようにストライプグループが1個増えた構成になります。

ストライプグループは論理的にはあたかも1つのディスクモジュールのように扱われることに注目してください。 Affinityという機能を使用すると、ストライプグループとディレクトリを関連づけることができます。  つまり、「このデータはあのディスクに保存する」のように、物理構成をを意識した使い方も可能です。 また一部のデータストライプグループをダウンした状態でもファイルシステムを起動することが可能ですので、ストレージの特定部分で致命的な障害が発生した場合には、該当ス トライプグループをダウンした縮退運転によりファイルシステムを継続利用することができます。

 

« »